M-300

Live Mixing Console

M-300
代理店を探す

このサウンドが、この機能が、これからの基準となる
あらゆる現場に対応する、新しい時代のスタンダード・コンソール

Poweful, Compact Mixing


2007年、ローランドが世に送り出したV-Mixing System。次代のライブ・ミキシング・コンソールV-Mixerと、先進のデジタル・オーディオ伝送システムDigital Snakeのコンビネーションで構成されるV-Mixing Systemは、高品位なサウンドと豊富な機能、そして優れた操作性により、世界中の現場で賞賛をもって迎え入れられました。ライブ・スペースやモバイルSR、テレビ/ラジオの中継/収録、ホールや教会の設備など、現在では全世界で数多くのV-Mixing System が稼動しています。

V-Mixing Systemは活躍のフィールドを大きく拡げます。V-Mixer M-300は、“使いやすさ”と“導入のしやすさ”を徹底追求したモデル。V-Mixerの大きな特長であるアナログ・コンソール・ライクな操作性にさらに磨きをかけ、どんな現場にも導入していただけるよう筐体は限界までコンパクト化。そしてV-Mixerたる数々のフィーチャーはそのままに、極めて高いコスト・パフォーマンスを実現しました。

新しい時代のスタンダード・コンソール、V-Mixer M-300です。

サウンドや機能をスポイルすることなく、コンパクト・ボディに凝縮。最大32ch入力、余裕のミックス・キャパシティ。REAC機器をダイレクトに接続、コントロール

M-300は、あらゆる現場/アプリケーションに対応するミキシング・コンソール。このクラス最大規模となる32ch入力/メインLCR/8 AUX/4マトリクスという余裕のミックス・キャパシティを誇り、サウンドもAD/DA 24ビットとハイ・クオリティ。REAC機器とも強力に連携し、Digital Snakeのヘッドアンプはもちろん、M-48やS-4000MのI/O設定が可能です。本体標準の入出力も充実。外部アウトボードやCDプレーヤーなどが接続できます。また、横幅470mm×奥行483mm×高さ195mm、重量9.8kgというコンパクト・サイズを実現。スペースの限られた現場での設置や、モバイルSR用途にも最適。ラックマウント・スタイルでの使用も可能です。

強力なチャンネル・エフェクト。最終段の音場補正までも内部で完結

ミックスの基本となるのがチャンネル・エフェクト。ユーザーからのフィードバックを取り入れ、M-300ではチャンネル・エフェクトを大幅に強化しました。4バンド仕様のフル・パラメトリックEQを全インプット・チャンネルに装備。さらにゲート/コンプレッサーではキーイン・フィルターが利用可能になるなど、より表現力豊かなミックスが行えるようになりました。最大4系統使用できるマルチ・エフェクトは、15種類のエフェクト・アルゴリズムから選択可能。リバーブやディレイに加えて、コーラスやフェイザーといったモジュレーション系エフェクトやビンテージ・エフェクト、31バンド・グラフィックEQを搭載。また、アウトプット・チャンネルには8バンド仕様のフル・パラメトリックEQやディレイを装備。最終段の音場補正もV-Mixing Systemの機能で完結します。

現場での“使いやすさ”を徹底追及した、先進のサーフェイス・デザイン

V-Mixerで高く評価されている操作性は、M-300でもしっかりと受け継がれています。計17本用意されたモーター・フェーダーは100mmストロークで、多チャンネルを快適にコントロール。サーフェース中央には800×480ドットの高精細カラー・ディスプレイを装備。ゲインやパン、EQ、ダイナミクスといったチャンネル・パラメーターは、ディスプレイ左側のチャンネル・エディット・セクションで快適に操作できます。もちろんシーン・メモリーにも対応し、パラメーターを瞬時にセーブ/リコール可能。フェーダーのレイヤーはLAYERスイッチでダイレクトに選択でき、必要なフェーダーを自由に並べ、「ユーザー・レイヤー」として保存できます。

USBメモリー・レコーダーを装備。非圧縮WAVファイルでレコーディング

USBメモリーに直接レコーディング可能。M-300でミックスしたサウンドを16ビット非圧縮のWAVファイルとして保存できます。もちろんプレイバックにも対応。本体だけでBGMなどを送出可能です。また、USBメモリーにはユーザー設定ファイルやミキサー・データなどを保存できます。

多彩な外部機器との連携を実現。 iPadを使用したリモートコントロールに対応

お手持ちのiPadに専用アプリ「M-300 Remote」をインストールしていただき、iPadで遠隔操作が可能です。iPadとの通信は、ワイヤレスUSBアダプター「WNA-1100RL」※ を、M-300のUSB MEMORY端子に接続して使用します。

※M-300でiPadをお使いになる場合は、専用のWNA1100-RL(別売)が必要となります。WNA1100-RLの入手方法については、お買い上げの販売店までお問い合わせください。

外部PCからのリモート・コントロール

USB端子に接続した外部PCからのリモート・コントロールに対応。M-300のカラー・ディスプレイと同一のGUIを備えた専用のコントロール・ソフトウェアM-300RCSを使用して、PC 上から操作が可能。M-300 RCSは、M-300 が接続されていない環境でも動作するため、各種セッティングを事前に行い、USBメモリーを使ってデータをコピー可能。本番当日はリハーサルやサウンド・チェックなどに集中することができます。

M-300 RCSは、サポートページから無償でダウンロードできます。
※USBデバイス・サーバー使用時、シーン数/ライブラリ数が多いと、V-MixerとM-300RCS間で通信(オンライン)できないことがあります。

次世代のモニタリング環境を実現:M-48

アーティストの素晴らしいパフォーマンスを引き出す上で必要不可欠な、ステージ上でのモニタリング。V-Mixing Systemは、ライブ・パーソナル・ミキサーM-48と完璧に連携。アーティスト自身の手でモニター・バランスを調整できる次世代のモニタリング環境をシンプルなシステムで実現します。

■V-Mixing Systemラインナップ

●V-Mixer
ライブ・ミキシング・コンソール M-200i

●Digital Snake
40チャンネルI/Oモジュラー・ラック S-4000S-3208
40チャンネルI/Oモジュラー・ラック S-4000S-0832
ステージ・ユニット S-2416
ステージ・ユニット S-1608
FOHユニット S-0816
8×8 I/Oユニット S-0808
REAC MADIブリッジ S-MADI
REACマージ・ユニット S-4000M
REACケーブル(100m)リール付き W100S-R

●Personal Mixer
ライブ・パーソナル・ミキサー M-48
スプリッター&パワー・ディストリビューター S-4000D

内部処理
チャンネル数
32チャンネル入力/メインLCR/8 AUX/4マトリクス
AD/DA変換
24ビット/48.0kHz、44.1kHz
総信号遅延時間
2.8ms(typ.)
※S-1608に入力された信号がM-300のREACポート(AまたはB)を経由し、M-300本体内でデジタル信号処理され、再びREACポート(AまたはB)を経由し、S-1608から出力されるまでの総遅延時間。
※サンプリング周波数:48.0kHz
※エフェクト:未使用(エフェクト・インサートしない)
入出力端子
XLR入力端子(1~4)
XLR-3-31タイプ(バランス、ファンタム電源)×4
TRS入力端子(5~8)
TRS標準タイプ(バランス)×4
RCA入力端子(9~12)
RCAピン・タイプ×4
XLR出力端子(1~4)
XLR-3-32タイプ(バランス)×4
TRS出力端子(5~8)
TRS標準タイプ(バランス)×4
ヘッドホン端子
ステレオ1/4インチ標準タイプ×1
デジタル出力端子
オプティカル・タイプ×1
REACポート(A、B)
RJ-45 イーサコン・タイプ×2(1ポートあたり40入力/40出力)
※ご使用するI/Oユニットにより、同時に使用できる入出力数は異なります。
USBポート
Aタイプ×1、Bタイプ×1
リモート端子
RS-232C(9ピンD-subタイプ)×1、MIDI(5ピンDINタイプ)×2(OUT/THRU,IN)
その他の端子
接地端子、AC端子
入出力規格
周波数特性
XLR出力端子(1~4)/TRS出力端子(5~8):-2dB/+0dB(20kΩ負荷、+4dBu時)
ヘッドホン端子:-3dB/+0dB(40Ω負荷、150mW時)
全高調波ひずみ率 (T.H.D+N)
XLR出力端子(1~4)/TRS出力端子(5~8):0.05%(typ.、+4dBu時)
ヘッドホン端子:0.05%(typ.、40Ω負荷、150mW時)
ダイナミック・レンジ
XLR出力端子(1~4)/TRS出力端子(5~8):105dB(typ.)
クロストーク@1kHz
XLR入力端子(1~4):-80dB(Pad:ON、入力ゲイン:+4dBu、typ.)
TRS入力端子(5~8)/RCA入力端子(9~12):-80dB(入力ゲイン:+4dBu、typ.)
XLR出力端子(1~4)/TRS出力端子(5~8):-100dB(typ.)
※サンプリング周波数:48.0kHzまたは44.1kHz
規定入力レベル (可変)
XLR入力端子(1~4):-65~-10dBu(PAD:オフ)/-45~+10dBu(PAD:オン)
TRS入力端子(5~8)/RCA入力端子(9~12):-28~+4dBu
入力インピーダンス
XLR入力端子(1~4):14kΩ
TRS入力端子(5~8)/RCA入力端子(9~12):10kΩ
ノン・クリップ 最大入力レベル
XLR入力端子(1~4):+8dBu(PAD:オフ)/+28dBu(PAD:オン)
TRS入力端子(5~8)/RCA入力端子(9~12):+22dBu
規定出力レベル
XLR出力端子(1~4)/TRS出力端子(5~8):+4dBu(負荷インピーダンス:10kΩ)
出力インピーダンス
XLR出力端子(1~4)/TRS出力端子(5~8):600Ω
ヘッドホン端子:100Ω
推奨負荷 インピーダンス
XLR出力端子(1~4)/TRS出力端子(5~8):10kΩ以上
ヘッドホン端子:8Ω以上
ノン・クリップ 最大出力レベル
XLR出力端子(1~4)/TRS出力端子(5~8):+22dBu(1kHz、10kΩ負荷時)
ヘッドホン端子:150mW+150mW(1kHz、40Ω負荷時)
残留ノイズ・レベル (IHF-A、typ.)
-88dBu(全フェーダー Min)
等価入力雑音レベル (E.I.N.)
-126dBu(PREAMP GAIN:Max)
その他
ディスプレイ
800×480ドット、ワイドVGA TFTカラー・スクリーン(バックライト付き)
電源
AC100V(50/60Hz)
消費電力
50W
付属品
電源コード(2P-3P変換器付き)
REACコネクター・カバー×2
フェライト・コア×2
チャンネル・ナンバー・ステッカー
取扱説明書
保証書
ローランド ユーザー登録カード
オプション
ラックマウント・アングル RA-10U
ステレオ・ヘッドホン RH-300
外形寸法 / 質量 (卓上設置時)
幅 (W)
470 mm
奥行き (D)
483 mm
高さ (H)
195 mm
質量
9.8 kg
外形寸法 / 質量 (ラックマウント時―EIA-10U)
幅 (W)
482 mm
奥行き (D)
473 mm
高さ (H)
199 mm
質量
9.8 kg
※RA-10U(別売)使用時
(0dBu=0.775Vrms)

*XLR端子 1:グラウンド、2:ホット、3:コールド

*ファンタム電源:DC+48V(無負荷時最大)、14mA(最大負荷)※電流値は1チャンネルあたり。全XLRタイプ入力端子に装備。

*REACの回線にREACスプリッターS-4000Dやスイッチング・ハブを挿入する場合、それらスプリット機器の性能に応じてネットワーク遅延時間が増えます。スプリット機器が挿入された時の遅延時間は、1台あたり最大で200マイクロ秒(0.2mS)です。
※製品の仕様及びデザインは改良のため予告なく変更することがあります。

Downloads

カタログ

アップデーター&ドライバー

Support

ローランド製品の使用方法などに関するご質問は、Support Search or 製品別Q&Aをご活用ください。お客様から多く寄せられているご質問とご回答をご案内しております。サポート窓口にお問い合わせの前に是非ご覧ください。 また、お客様相談センターにてお電話、eメールでのお問合わせも承っております。お気軽にお問合せください。 上記に加え、取扱説明書のダウンロード、各製品のサポート情報をご覧いただけます。

取扱説明書

お知らせ