ローランドのプロAV事業について

ローランドの音響機器の開発/製造は1972年の創業時に遡ります。映像機器は1988年に開発を着手。現在、音響/映像をどちらも手がける数少ないメーカーのひとつとして、クオリティーと使いやすさを両立した機器を開発/製造しています。その用途は幅広く、コンサートやイベント、劇場などのプロフェッショナルな現場を支えるツールとして、さらに企業や学校など安心して扱えるAV機器として、多様なニーズへの柔軟な対応を実現しています。