V-8HD Version 2.0HD Video Switcher

代理店を探す

 映像演出の創造にもっと可能性を 
8 入力を自在に操るビデオ・スイッチャー

ビデオ・スイッチャー V-8HD はコンパクトなサイズながら HDMI 8 入力/3 出力
スチル・メモリーやシーン・メモリーを使い、多彩かつクリエイティブなライブ・イベントが演出可能
映像、音声の切り替えだけでなく、ピクチャー・イン・ピクチャーやテロップなどの合成も 1 台でできるオールイン・ワン設計
カメラや PC、タブレットなど多種多様な HDMI デバイスと効率的なワークフローを実現します

  • HDMI 入力 8 系統、出力 3 系統、4 バスによる映像・音声処理
  • PinP やキー合成、テロップなど最大 5 レイヤーを使った画面演出が可能
  • 映像・音声を一括管理できる視認性の高いマルチビュー用ディスプレイ内蔵
  • 出力先に応じて選べる出力モード(PROGRAM、PREVIEW、MULTI-VIEW、AUX)
  • Tバーによるスムーズなトランジション
  • 操作の省力化をサポートするオート・スイッチング機能
  • [Version 2.0]プリセット・メモリーやマクロ、シーケンサー機能を備え、煩雑な操作をオートメーション化
  • [Version 2.0]システムフレームレートに23.98Hz、24Hz、25Hz、29.97Hz、30Hz対応
  • 本体に静止画を8個登録可能(不揮発メモリー)。BMP、JPEG、PNG(アルファ・チャンネル付 )に対応
  • 各チャンネル同期ディレイを搭載した、高品質18チャンネル・デジタル・オーディオ・ミキサー
  • 他社機器とHDMI経由でのREC ステータス / REC コントロール機能の連携
  • iPad専用アプリケーション V-8HD Remote 無償ダウンロード対応
  • 持ち運びやすく、設置場所を選ばないコンパクトな本体設計


システム・プログラムVer.2.00公開

V-8HDは、ハイブリッド・イベント市場の拡大・変化に併せ、制作現場をサポートする機能を追加、Ver.2.00として進化します。
今回のアップデートでは、マクロ、高度なシーケンサー機能、PNG(アルファ・チャンネル付き)画像のサポートなど、先行するV-160HDに導入されている多くの機能が追加されます。
Ver.2.00は、すべてのV-8HDユーザーがインストール可能な無償アップデートです。
詳しくはこちら

HDMI 8 入力 / 3 出力

HDMI 8 入力 / 3 出力

V-8HD は HDMI 入力 8 系統、出力 3 系統を装備。全入力にフレームレート・コンバーターとフレーム・シンクロナイザー搭載。例えば、INPUT 1に1080/59.94i、INPUT 2に1080/60p、INPUT 3に1080/30p、INPUT 4に1080/24p といったフレームレートの異なる映像信号の接続も可能。8 つの映像入力をシームレスに切り替えることができます。また INPUT 7、8 はスケーラー内蔵により、スマートフォンやタブレットなど多様な解像度、縦横比を持つデバイスにも幅広く対応します。

24個のプリセット・メモリーを使って静止画やシーンを元に合成、エフェクトなどを使った多彩な映像演出を実現。バックアップを含め、複数の映像ソースを同時に使いたい現場のニーズに応えます。

映像合成( 5 レイヤー)と多彩な映像エフェクト

映像合成( 5 レイヤー)と多彩な映像エフェクト

V-8HDは1画面に最大5枚まで映像を合成することが可能。多彩な映像エフェクトで視覚効果の高い演出を実現します。

  • レイヤー①-②:背景となるPGMとPSTの2つの映像入力

  • レイヤー③-④:PinPまたはクロマ・キー、ルミナンス・キーを配置

  • レイヤー⑤:クロマ・キー、ルミナンス・キーを入力したDSKを追加 [Ver.2.0] アルファ・キー、エクスターナル・キーの入力に対応

場所を選ばない小型、軽量、外部電源対応

場所を選ばない小型、軽量、外部電源対応

どんな場所にでも持ち運びやすい軽量設計。本体質量は2kg 、コンパクトな本体は設置場所を選びません。堅牢なTバーと操作しやすいパネル・レイアウト、8つのHDMI入力、18チャンネルのオーディオ・ミキサーを搭載し、外部電源の対応により、AC アダプターが使えない場所でも使用できます。

すぐに呼び出しできるプリセット・メモリー、マクロ

すぐに呼び出しできるプリセット・メモリー、マクロ

PinP(ピクチャー・イン・ピクチャー)の子画面の位置や大きさ、タイトル合成のON/OFFなどの設定を最大24個まで プリセット・メモリーに登録可能。あらかじめ画面構成をプリセット・メモリーに登録しておけば、 イベントやライブ配信番組の進行に応じて、ボタン1つで画面構成を呼び出しできます。 現在呼び出されているプリセット・メモリーから別のプリセット・メモリーへ切り替える時には、映像が途切れることはなく、 カットまたはミックスでシームレスに切り替えできます。新機能のマクロは、映像切り替えやDSKのON/OFF、PTZカメラの動き、オーディオ・ミキシングなど一連の操作を1個のマクロに10個まで構築記録、実行することができ、最大100個のマクロを登録できます。
また、iPadアプリ V-8HD Remoteのプリセット・メモリー用ページには、1~24の各メモリーの画面構成がグラフィカルに表示されますので、実行前の設定およびプレビューを確認することも可能です。

[Version 2.0]少人数での運用を可能にするオートメーション機能

V-8HDに搭載された新機能のシーケンサー機能は、プリセット・メモリーとマクロを組み合わせ、より操作性を高める機能です。少人数の運用現場においてオペレーターが作りこまれた演出の進行を簡単に実行できるようサポートします。シーケンサーには最大1000個のステップまで登録でき、各ステップにはプリセット・メモリーとマクロの両方を組み込むことができます。シーケンスを事前に設定し、きっかけに合わせてボタンを押すことで運用のオートメーション化を実現します。

出力 3 系統は欲しい映像を、欲しい場所に

出力 3 系統は欲しい映像を、欲しい場所に

HDMI 出力 3 系統はプログラム、プレビュー、AUX、マルチ・ビューの 4 バス構成。メイン・スクリーンへのプログラム出力だけでなく、録画用、出演者への確認用など、用途に応じて異なる映像の出力を設定できます。
* OUTPUT 3 のみメニュー画面が表示されます。
またUSBビデオ・キャプチャーUVC-01と組み合わせることで、Facebook Live、YouTube、Twitch、Zoom、OBS Studio、StreamYardなど主要な配信プラットフォームから発信することができます。

マルチビュー用ディスプレイ内蔵

マルチビュー用ディスプレイ内蔵

本体に 4.3 型液晶ディスプレイを内蔵。メニュー操作だけでなく、PGM、PVW に加え、入力映像や本体にメモリーした静止画、音声レベルを一目で管理できます。またマルチビュー画面を HDMI 出力可能。複数のスタッフで確認したい場合には大きいモニターに出力することもできます。

シーン毎に選べるエフェクト・プリセット

シーン毎に選べるエフェクト・プリセット

18チャンネルのデジタル・オーディオ・ミキサー搭載。高品質な音声エフェクトで細かい音の調整はもちろん、会議やインタビューといった制作シーン、トークを聞き取りやすくするディエッシングなど用途に応じた音声設定をプリセットで設定できます。また、全ての入力チャンネルでディレイを設定可能、オーディオと映像を常に同期できます。

オート・スイッチング機能

オート・スイッチング機能

映像を自動で切り替えるオート・スイッチング機能に 3 つの切り替えタイプを搭載。表示映像の順番を設定できるインプット・スキャン。プリセット・メモリーの順番を切り替えるプリセット・メモリー・スキャン。設定したテンポのタイミングで切り替えるBPM シンクを使い、映像切り替えをスイッチャーに任せることができます。

HDMI 機器との連携機能

HDMI 機器との連携機能

V-8HD は対応する外部機器と HDMI ケーブルで接続するだけで連携できる REC ステータス/ REC コントロール機能を搭載。ATOMOS 社製モニター一体型レコーダー接続時には V-8HD からレコーダーの録画開始、停止をコントロール。また対応するカムコーダー、デジタル一眼レフを V-8HDに入力すると、カメラ側が録画中のステータスをマルチビューアー上に表示することで録画操作し忘れなどを防ぎます。

iPad によるリモート・コントロール

iPad によるリモート・コントロール

iPad 専用リモート・コントロール・アプリケーション V-8HD Remote を使えば、USB 接続した V-8HD の映像切り替え、フェーダー操作による音声のミックスなど本体を使わずに操作することができます。また最大24個のプリセット・メモリーをカスタマイズして瞬時に操作することもできます。


V-8HD Remote on the AppStore
フットスイッチを使った操作

フットスイッチを使った操作

フット・コントローラー用端子を 2 系統搭載。映像の切り替えはもちろん、静止画への切り替え、PinP( ピクチャー・イン・ピクチャー)、タイトル・テロップ挿入など多様な機能を登録可能。最大 4 つのフットスイッチに異なる機能を登録でき、足元の操作で呼び出せます。

パネル・デザイン

フロント

リア

映像
映像処理
4:2:2(Y/Pb/Pr)、8ビット
入力端子
INPUT 1~6:HDMI タイプ A x6
※HDCP対応

INPUT 7~8:HDMI タイプA x2
※HDCP対応
※マルチフォーマット対応
出力端子
OUTPUT 1~3:HDMI タイプ A x3
※HDCP対応
入力映像フォーマット
INPUT 1~6:
720/59.94p、720/60p ※1、※3
720/50p ※1、※4
1080/59.94i, 1080/60i, 1080/59.94p, 1080/60p, 1080/29.97p, 1080/30p ※2、※3
1080/50i, 1080/50p, 1080/25p ※2、※4
1080/23.98p, 1080/24p ※2
※インターレースで入力された映像は、本体内の処理でプログレッシブに変換されます。
※1 システム・フォーマット 720p 設定時
※2 システム・フォーマット 1080i  または 1080p 設定時
※3 フレーム・レート59.94Hz、60Hz、29.97Hz、30Hz設定時
※4 フレーム・レート50Hzまたは25Hz設定時

INPUT 7~8:
480/59.94i、480/59.94p、720/59.94p、720/60p、1080/59.94i、1080/60i、1080/59.94p、1080/60p、1080/29.97p、1080/30p ※1
576/50i、576/50p、720/50p、1080/50i、1080/50p、1080/25p ※2
1080/23.98p、1080/24p
VGA(640×480/60Hz)、SVGA(800×600/60Hz)、XGA(1024×768/60Hz)
WXGA(1280×800/60Hz)、SXGA(1280×1024/60Hz)
FWXGA(1366×768/60Hz)、SXGA+(1400×1050/60Hz)
UXGA(1600×1200/60Hz)、WUXGA(1920×1200/60Hz)
※リフレッシュ・レートは、各解像度の最大値です。
※CEA-861-E、VESA DMT Version 1.0 Revision 11 準拠
※1920×1200/60Hz:Reduced blanking
※インターレースで入力された映像は、本体内の処理でプログレッシブに変換されます。
※1 フレーム・レート 59.94Hzまたは60Hz設定時
※2 フレーム・レート 50H z設定時

静止画(Still Image):
Bitmap File(.bmp)最大 1920×1080、24 ビットカラー、無圧縮
PNG File(.png)最大 1920×1080、24 ビットカラー
JPEG File(.jpg .jpeg)最大1920×1080、24ビットカラー
※最大8枚まで内蔵不揮発メモリーに記憶可能
※USBメモリーに書き出し可能
※PNGアルファ・チャンネル対応(AUXバスと排他)
 
出力映像フォーマット
OUTPUT 1~2:
720/59.94p ※1、※4
720/60p ※1、※5
720/50p ※1、※8
1080/59.94i ※2、※4
1080/60i ※2、※5
1080/50i ※2、※8
1080/59.94p ※3、※4
1080/60p ※3、※5
1080/29.97p ※3、※6
1080/30p ※3、※7
1080/50p ※3、※8
1080/25p ※3、※9
1080/23.98p ※3、※10
1080/24p ※3、※11
※1 システムフォーマット 720p 設定時
※2 システムフォーマット 1080i 設定時
※3 システムフォーマット 1080p 設定時
※4 フレーム・レート 59.94Hz 設定時
※5 フレーム・レート 60Hz 設定時
※6 フレーム・レート 29.97Hz 設定時
※7 フレーム・レート 30Hz 設定時
※8 フレーム・レート 50Hz 設定時
※9 フレーム・レート 25Hz 設定時
※10 フレーム・レート 23.98Hz 設定時
※11 フレーム・レート 24Hz 設定時

OUTPUT 3:
1080/59.94p ※1
1080/60p ※2
1080/29.97p ※3
1080/30p ※4
1080/50p ※5
1080/25p ※6
1080/23.98p ※7
1080/24p ※8
※1 フレーム・レート 59.94Hz 設定時
※2 フレーム・レート 60Hz 設定時
※3 フレーム・レート 29.97Hz 設定時
※4 フレーム・レート 30Hz 設定時
※5 フレーム・レート 50Hz 設定時
※6 フレーム・レート 25Hz 設定時
※7 フレーム・レート 23.98Hz 設定時
※8 フレーム・レート 24Hz 設定時
映像エフェクト
切り替え:カット、ミックス(ディゾルブ/FAM/NAM)、ワイプ(8種類)
合成:ピクチャー・イン・ピクチャー×2(四角型、丸型、菱型)、スプリット(2種)、キー×2(ルミナンス・キー、クロマ・キー)、DSK(ルミナンス・キー、クロマ・キー、アルファ・キー※1、エクスターナル・キー※1)
その他:左右反転、上下反転、静止画キャプチャー、静止画再生、アウトプット・フェード(音声、映像:白または黒)、テスト・パターン出力
※1 AUXバスと排他
音声
音声処理
サンプリング・レート:24 ビット/48 kHz
音声フォーマット
リニア PCM、24 ビット/48kHz、2ch
入力端子
INPUT 1~2:HDMI タイプ A x8
AUDIO IN:RCA ピン・タイプ
出力端子
OUTPUT 1~3:HDMI タイプ A x3
AUDIO OUT:RCA ピン・タイプ
PHONES:ステレオ・ミニ・タイプ
規定入力レベル
AUDIO IN:-10dBu(最大入力レベル:+8dBu)
入力インピーダンス
AUDIO IN:38kΩ
規定出力レベル
AUDIO OUT:-10dBu(最大出力レベル:+8dBu)
PHONES:92mW+92mW(32Ω負荷時)
出力インピーダンス
AUDIO OUT:1kΩ
PHONES:10Ω
オーディオ・エフェクト
ディレイ、ハイ・パス・フィルター、コンプレッサー、ノイズゲート、イコライザー、マルチバンド・コンプレッサー、リミッター、テスト・トーン出力
その他
その他の端子
USB MEMORY:USB A タイプ(USB メモリー用)
REMOTE:USB B タイプ(iPad を接続してのリモート用)
CTL/EXP x2:TRS 標準タイプ(フットスイッチ、エクスプレッション・ペダルを接続してのリモート用)
その他機能
プリセット・メモリー(24 個)
マクロ・コントロール(100個)
シーケンサー・コントロール
パネル・ロック機能
EDID エミュレーター
オート・スイッチング
オート・インプット・ディテクト
RECコントロール
ディスプレイ
4.3 インチ TFT カラー LCD:480×272 ドット
電源
ACアダプター
消費電流
3.3A
消費電力
39.6 W
外形寸法
317(幅)×193(奥行)×70(高さ)mm
質量
2.0 kg(ACアダプターを除く)
付属品
取扱説明書
ACアダプター
電源コード
 
※ 0dBu=0.775Vrms
Live Streaming Solutions

Live Streaming Solutions

ライブ配信をはじめよう!ライブ配信をはじめるその前に押さえておきたい基本。Read more…

Support

ローランド製品の使用方法などに関するご質問は、Support Search or 製品別Q&Aをご活用ください。お客様から多く寄せられているご質問とご回答をご案内しております。サポート窓口にお問い合わせの前に是非ご覧ください。 また、お客様相談センターにてお電話、eメールでのお問合わせも承っております。お気軽にお問合せください。 上記に加え、取扱説明書のダウンロード、各製品のサポート情報をご覧いただけます。

取扱説明書

お知らせ