V-600UHD V-600UHD

V-600UHD4K HDR Multi-format Video Switcher

代理店を探す

イベントを 4K HDR 画質にアップグレード
4K/HD、HDR/SDR をこれ一台で思いのままに

Upgrade your events to 4K HDR — One input at a time

放送や映像制作と同じように、イベントやプレゼンテーションなどの演出も4K化が進んでいます。一方で、クライアントや演出者からは従来の HD 機材の対応も同時に求められています。V-600UHDはそうした現場のニーズに合わせ、従来の HD 環境を段階的に 4K に対応させることが可能です。全ての入出力端子にローランド独自の「ULTRA SCALER」(*)を搭載。 この機能によりフル HD と 4K の異なる映像を同時に扱えるだけでなく、4K と HD 映像も同時に出力できるので、従来の HD ワークフローの中に4K映像を取り込めます。
(*) 商標出願中

システムプログラム Ver.1.07 公開

バージョンアップにより、以下の機能が追加されました。
・SDI OUT 3G Level B での出力
・SDI 入力からの音声入力
・RS-232C、LAN端子からの外部制御

4K の真価を引き出す

V-600UHD は 4K 高画質映像を扱えるだけでなく、4K の真価を引き出す様々な機能により、映像演出の可能性を拡げます。

HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)に対応

HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)に対応

HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)に対応

V-600UHD は高コントラストで豊かな映像表現を可能にす るHDR に対応。高画素だけではなく、黒つぶれや白飛びのない映像表現により、華やかなイベントの魅力を余すことなく伝えることができます。明るい LED ディスプレイを使ったステージの撮影においても、映像と人物や被写体をバランスの良い明るさで演出することができます。従来の SDR 信号も混在した状態で扱えるので、既存の HD 機材と併用することも可能です。

フル・フレームレート 60Hz 対応

V-600UHD は 60Hz のフレームレートに対応。これにより、スポーツなど動きの速い映像も滑らかで鮮明に表現でき、イベント会場での臨場感も向上します。

より豊かな広色域

より豊かな広色域

より豊かな広色域

V-600UHD は従来の RGB や Rec.709(HD 放送の色域規格)に加え、Rec.2020 規格(4K 放送や 4K ブルーレイの色域規格)に対応。これにより豊かな色表現を実現します。Rec.2020 規格では特に赤色と黄色の表現力が向上、野菜や果物などの食材、生花の本来の色再現が可能になります。

4:4:4/10bit、ピクセル・レベルの正確な色の階調表現

4:4:4/10bit、ピクセル・レベルの正確な色の階調表現

4:4:4/10bit、ピクセル・レベルの正確な色の階調表現

内部映像処理は 4:4:4/10bit に対応。精度の高い信号処理によりカラーバンディングを低減、PC から出力された高精細な映像も鮮明に表示できます。また拡大した映像内の細かな文字も細部まで読み取ることができます。

UHD だけでなくDCI 4K(シネマ4K)解像度にも対応

UHD だけでなくDCI 4K(シネマ4K)解像度にも対応

UHD だけでなくDCI 4K(シネマ4K)解像度にも対応

全ての 4K コンテンツのアスペクト比が同じとは限りません。4K コンテンツには放送で使われる UHD (横 3840 ピクセル x 縦 2160 ピクセル)と、映画で使われるシネマサイズのDCI 4K (横 4096 ピクセル x 縦 2160 ピクセル)がありますが、V-600UHD はその両方に対応。クロッピングやレターボックス処理といった作業をすることなく、表示させたいアスペクト比でスイッチングが可能です。

イベント演出をサポートする豊富な入出力

イベント演出をサポートする豊富な入出力

V-600UHD は HDMI(2.0対応)入力を 4 系統、12G-SDI 入力を 2 系統搭載し、PC とメディア・プレーヤーに加え、ステージ用にカメラを使用するようなイベントやライブコンサートに最適です。全ての入力端子においてフル HD、UHD、DCI 4K のビデオ信号はもちろん、UXGA から DCI 4K まで解像度の対応が幅広い PC も、出力に合わせたスケーリングをかけて入力できます。コンバーターは必要ありません。また AUX の出力先を切り替えることにより、控室用の確認モニターも容易に設置できます。全ての入力、プログラム出力とプレビューを一つの画面に表示、一目で確認することができます。もちろん全ての出力端子にフル HD へのダウンコンバーターを搭載、HDモニターやライブ配信用エンコーダー等従来の HD 表示デバイスへの出力も可能です。

4K カメラ 1 台から最大 8 台分のカメラ映像を抽出

4K カメラ 1 台から最大 8 台分のカメラ映像を抽出

討論会やトーク・イベントなど出演者のクローズアップと会場全体の映像を組み合わせたい場面では、複数のカメラが必要になります。しかし V-600UHD に搭載された「ROI(Region of Interest)機能」を使えば、1 台の 4K カメラの映像から必要な部分を最大 8 つ抽出することで、複数のカメラを用意するのと同じような演出が可能になります。またスケーラー機能と併せてクロスポイントに割り当てることが可能。カメラの台数に頼ることなく、映像演出の幅を拡げることができます。

多彩かつ自由な映像合成

多彩かつ自由な映像合成

V-600UHD ではピクチャー・イン・ピクチャー(PinP)を2つまで表示可能。専用のプロセッサーを使うことなく、アスペクト比やサイズ、入力映像のスケーリングも自在に、スクリーン上の好きな場所に映像を配置することができます。自由度の高いピクチャー・イン・ピクチャー機能と高精細 DCI 4K の映像を組み合わせることで、より魅力的な演出を可能にします。

音声も一括管理

音声も一括管理

V-600UHD は 24bit / 48kHz の高性能な音声処理機能を搭載。SDI、HDMI に含まれる音声(エンベデッド・オーディオ)に加え、外部から入力された音声のミキシングが可能。選択した映像から音声をディエンベッドし、外部のオーディオ・ミキサーへ送出。またオーディオ・ミキサーから出力された音声を V-600UHD の映像出力にエンベッドできるので、プログラム映像と併せてライブ配信エンコーダーやレコーダー、会場外の控室などへ送出できます。イベントやショーの PA システムと組み合わせることで、現場での使い勝手が向上します。

LED ディスプレイを使った演出に最適なソリューション

LED ディスプレイを使った演出に最適なソリューション

近年技術進化が著しい LED ディスプレイはステージや大規模音楽フェスには欠かせない映像演出の機材です。しかし非常に明るい照明や LED ディスプレイを背にするような場面では、従来の SDR カメラやスイッチャーを使ったシステムのコントロールには熟練の技術が必要とされました。司会者や出演者の輪郭に影を落とし、出演者へのライティングが難しくなります。しかし V-600UHD と HDR 対応カメラを一緒に使うことで、黒つぶれ、白飛びすることなく見せることが容易になります。

企業イベントや音楽フェスなどの大規模イベントでも、1920 ピクセルの HD サイズより横幅の大きな映像が使用されることが増えてきました。DCI 4K(シネマ4K)の解像度をサポートする V-600UHD があれば、最大で横 4096 ピクセルまでのディスプレイでの自由な映像演出が可能。演出家のクリエイティビティを刺激することでしょう。
また V-600UHD は「ドット・バイ・ドット」に対応した高品質なスケーリング出力機能を備え、直接 LED ディスプレイのコントローラーへ接続可能。LED プロセッサーの手前に専用のスケーラーを使うことなく、LED ディスプレイのピクセル数に合わせた映像を送ることができます。

プロセッシング
ビデオ・プロセッシング
4:4:4(Y/Pb/Pr)、10ビット
入力映像フォーマット
HDMI(ビデオ、CEA-861-F):1080/59.94i、1080/50i、1080/59.94p、1080/50p、2160/59.94p(UHD 4K)、2160/50p(UHD 4K)、2160/59.94p(DCI 4K)、2160/50p(DCI 4K)
HDMI(PC、VESA DMT):1600×1200/60Hz(UXGA)
HDMI(PC、CEA-861-F):1920×1080/60Hz(FHD)
HDMI(PC、VESA CVT):1920×1200/60Hz(WUXGA、Reduced blanking)
HDMI(PC、CEA-861-F):3840×2160/30Hz(UHD 4K)、3840×2160/60Hz(UHD 4K)、4096×2160/30Hz(DCI 4K)、4096×2160/60Hz(DCI 4K)

RGB(PC、VESA DMT):1600×1200/60Hz(UXGA)
RGB(PC、CEA-861-F):1920×1080/60Hz(FHD)

SDI(ビデオ、SMPTE ST274):1080/59.94i、1080/50i、1080/59.94p、1080/50p
SDI(ビデオ、SMPTE ST2036):2160/59.94p(UHD 4K)、2160/50p(UHD 4K)
SDI(ビデオ、SMPTE ST2048):2160/59.94p(DCI 4K)、2160/50p(DCI 4K)

静止画:Windows Bitmapファイル(.bmp)、最大4096×2160ピクセル、1ピクセル24ビット、無圧縮
出力映像フォーマット
HDMI(ビデオ、CEA-861-F):1080/59.94p、1080/50p、2160/59.94p(UHD 4K)、2160/50p(UHD 4K)、2160/59.94p(DCI 4K)、2160/50p(DCI 4K)
HDMI(PC、CEA-861-F):1920×1080/60Hz(FHD)、3840×2160/60Hz(UHD 4K)、4096×2160/60Hz(DCI 4K)

HDMI(MULTI-VIEW、PC、CEA-861-F):1920×1080/60Hz(FHD)

SDI(ビデオ、SMPTE ST274):1080/59.94p、1080/50p
SDI(ビデオ、SMPTE ST2036):2160/59.94p(UHD 4K)、2160/50p(UHD 4K)
SDI(ビデオ、SMPTE ST2048):2160/59.94p(DCI 4K)、2160/50p(DCI 4K)

※VESA DMT、VESA CVT、CEA-861-F準拠
※色域:Rec.709、Rec.2020
※輝度:SDR、HDR PQ (HDR10)、HDR HLG
映像エフェクト
Transition:Mix、Cut、Wipe(9パターン)
Composition:PinP、Key(※1)、PinP + Key(※1)
DSK:PinP、Key(※1)、PinP + Key(※1)
その他:Output Fade

※1 ルミナンス・キー、クロマ・キー
オーディオ・プロセッシング
24ビット/48kHz
オーディオ・フォーマット
SDI IN/OUT:リニアPCM、24ビット/48kHz、16ch(SMPTE 299M準拠)
HDMI IN/OUT:リニアPCM、24ビット/48kHz、2ch
オーディオ・エフェクト
マトリクス・ミキサー
ディレイ(1ms単位、最大500ms)
テスト・トーン出力
接続端子
入力端子
HDMI IN 1〜4端子:HDMIタイプA(HDMI 2.0)
SDI IN 5〜6端子:BNCタイプ(12G/3G/HD-SDI、SMPTE 2082、424M(Level-A、Level-B)、292M準拠)
RGB IN 1端子:15ピン・ミニD-subタイプ(アナログRGB、HDMI IN 1かRGB IN 1かをメニューで選択)
AUDIO IN L/R端子:XLR-3-31タイプ(バランス)

※XLRタイプ:1 GND、2 HOT、3 COLD
出力端子
SDI OUTPUT端子:BNCタイプ(12G/3G-SDI、SMPTE 2082、424M(Level-A、Level-B)準拠)
HDMI OUT 1〜3端子:HDMIタイプA(HDMI 2.0)
MULTI-VIEW端子:HDMIタイプA(HDMI 1.4)
AUDIO OUT L/R端子:XLR-3-32タイプ(バランス)
PHONES端子:ステレオ・ミニ・タイプ

※XLRタイプ:1 GND、2 HOT、3 COLD
その他の端子
USB MEMORY 端子:USB Aタイプ(USBメモリー用)
RS-232 端子:9ピンD-subタイプ(オス)(外部制御用)
LAN 端子:RJ45タイプ、100BASE-TX(外部制御用)
TALLY/GPI 端子:25ピンD-subタイプ(メス)(Tally:16、GPI:8)
オーディオ入出力規格
入力レベル
AUDIO IN L/R:+4dBu(最大入力レベル:+24dBu)
入力インピーダンス
AUDIO IN L/R:15kΩ
出力レベル
AUDIO OUT L/R:+4dBu(最大出力レベル:+24dBu)
PHONES:92mW+92mW(32Ω)
出力インピーダンス
AUDIO OUT L/R:600Ω
PHONES:10Ω
その他
電源
AC100V(50/60Hz)
消費電力
80 W
外形寸法
482(幅)×300(奥行き)×109(高さ)mm
※ラック・マウント・アングルを取り付けた状態
質量
5.3kg
※ラック・マウント・アングルを含む
付属品
取扱説明書
電源コード(2P-3P変換器)
ラック・マウント・アングル×2
保証書
ローランド ユーザー登録カード
※0dBu=0.775Vrms
※本製品の電磁適合性規格は、FCC Part 15 Class Aです。

Support

ローランド製品の使用方法などに関するご質問は、Support Search or 製品別Q&Aをご活用ください。お客様から多く寄せられているご質問とご回答をご案内しております。サポート窓口にお問い合わせの前に是非ご覧ください。 また、お客様相談センターにてお電話、eメールでのお問合わせも承っております。お気軽にお問合せください。 上記に加え、取扱説明書のダウンロード、各製品のサポート情報をご覧いただけます。

取扱説明書