V-4

4-Channel Video Mixer

V-4
販売完了

コンパクトかつ多機能を誇る、定番のビデオ・ミキサー

コンパクト・ボディに4イン/3アウトの入出力を備え、任意の2チャンネルの切り替え/合成が行えるビデオ・ミキサー。A/Bチャンネルには独立してTBC(タイム・ベース・コレクタ)を備え、あらゆるソースで乱れのないミキシングを実現。プレゼンテーションなどの映像演出、VJ(ビデオ・ジョッキー)のパフォーマンス、複数台のライブ・カメラのスイッチング、さらにはリニア編集やノンリニア編集の素材作成まで、多彩な用途で活躍します。また、驚異的なコスト・パフォーマンスの高さもV-4の大きな魅力です。

  • 4イン/3アウトで多彩な用途に活躍

    S-ビデオ端子2系統を含む4系統入力に対応。入力をA/Bチャンネルに自由に割り当てて、多彩なビデオ・ミキシングが行えます。
     

  • 独立2系統のTBC(タイム・ベース・コレクター)を内蔵

    A/Bチャンネル双方に独立したTBCを装備。DVやS-ビデオのソースにVHSやHi-8をミキシングした場合でも、乱れのないスムーズな切り替えが行えます。
     

  • フル・デジタル処理によるDV相当の高画質

    内部4:2:2のフル・デジタル処理による高画質。水平解像度は500本以上。DV相当の映像品質で、ほとんど劣化のないミキシングを実現しました。
     

  • 最先端エフェクトと、豊富なワイプを内蔵

    90種類以上の多彩なエフェクトを搭載。A/Bチャンネルには、それぞれ別のエフェクトをかけることができます。モーション・エフェクトのスチル/ストロボ、フィルター・エフェクトのネガやカラライズ、さらにはマルチ・スクリーン、P in P(ピクチャー・イン・ピクチャー)、クロマとルミナンスのキー合成も搭載しました。

    切り替え効果も充実。オーバーラップや240種類以上の膨大なパターンのワイプを自由に駆使して、イメージ豊かな映像演出が行えます。
     

  • 映像と音楽の同期演出も自在、V-LINK機能

    TAPボタンを音楽の拍子にあわせて叩き、BPM(Beat Per Minute)を登録すれば、音楽のリズムにジャスト・フィットした映像切り替えやエフェクト演出が可能。また、音楽と映像をシンクさせてリアルタイムに演奏できるV-LINKにも対応。ローランドの電子楽器とコラボレートした演出も自在です。
     

  • 縦/横セッティング自在のビデオ・フェーダー

    操作性と耐久性に優れたTバー・タイプの業務用ビデオ・フェーダーを採用しました。取り付けは縦/横どちらの方向でも可能です。

  • アウトプット・フェーダー

    左に回すと黒フェード、右に回すと白フェードが演出できるアウトプット・フェードつまみを備えました。
     

  • 設定を登録できるメモリー・ノブ

    エフェクトなどの設定を最大7種類まで登録できるメモリー・ノブを装備しました。多彩な表現を瞬時に切り替えて演出できます。

  • プレビュー出力端子を装備

    ソース切り替えボタンを備え、入力の1~4と出力映像を自由にプレビュー可能。また、V-4の各種設定をオン・スクリーンで表示できます。
    ※V-4の操作および各種設定にはプレビュー用TVモニターが必要です。

  • プレゼンテーション・モード

    ノーマル・モードのほかに、会議や展示会などのプレゼンテーション用途でV-4を使用する際に最適な、プレゼンテーション・モードを搭載しました。P in P(ピクチャー・イン・ピクチャー)などを活用したプレゼンに効果的な映像演出が、簡単な操作で実現できます。

  • システム例

    ■イベントの映像演出

    展示会や発表会などのイベントで、3台のライブ・カメラとDVDプレーヤーからの映像を、進行に合わせてリアルタイムにスイッチングすることができます。


    ■プレゼンテーション演出

    実写映像とDVDなどの資料映像を自由にスイッチング。パソコンからのテキストや映像をキー合成で重ねて効果的なプレゼンテーションが演出できます。


    ■V-LINKによるステージ演出

    映像の切り替え、エフェクト、再生速度などを、音楽演奏と完全にシンクさせた演出ができるV-LINK。ステージで新次元のパフォーマンスが表現できます。
     

  • ブロック・ダイアグラム

     

  • 寸法図

     

  • 関連情報

主な仕様
映像処理
NTSC/PAL方式:ITU601、サンプリング:13.5MHz,4:2:2(Y:B-Y:R-Y)/8ビット、フレーム・シンクロナイザー2系統
サンプリング
13.5MHz,4:2:2(Y:B-Y:R-Y)/8ビット、フレーム・シンクロナイザー2系統
映像切替エフェクト
オーバーラップ、ハード・エッジ・ワイプ、ソフト・エッジ・ワイプ、マルチ・ボーダー・ワイプ、スライド
映像エフェクト
スチル、ストロボ、ミラーリング、マルチ・スクリーン、シェイク
フィルター・エフェクト
カラライズ、ネガ、ソラリゼーション
合成エフェクト
ピクチャ・イン・ピクチャ、クロマ・キー、ルミナンス・キー
映像入力
4ピン・ミニDINタイプS映像2系統(1、2)、RCAピン・タイプ4系統(1、2、3、4)
※入力1、2についてはS映像優先
映像出力
4ピン・ミニDINタイプS映像1系統、RCAピン・タイプ2系統+プレビュー1系統
※プレビューは、入力1~4及び出力の切替映像+オンスクリーン機能
コントロール
MIDI端子(IN、OUT)、V-LINK機能搭載(MIDIによる映像切替制御)、BPMシンク機能、TAP機能:タッピングによる音と映像の同期機能
電源
DC9V(付属ACアダプター)
消費電流
1,500mA
付属品
ACアダプター、切替エフェクト一覧表、ビデオ・フェーダー取り付け用のネジ×4本(予備用)
外形寸法 / 質量
幅 (W)
225 mm
奥行き (D)
295 mm
高さ (H)
105 mm
質量
2.3 kg
■アスペクト比対応(4:3、16:9)について

[1] アスペクト比は接続した表示機で設定してください。

 ◎ワイドテレビ対応情報(ID-1信号、S1/S2映像信号)に対してアスペクト判別しません。

 ◎PGM出力からはワイドテレビ対応情報は出しません。

 ◎アスペクト比を調整する機能はありません。

[2] 入力映像のアスペクト比はそろえてください。

[3] プレビュー出力とPGM出力ではアスペクト比が異なって表示される場合があります。

 ◎各入力のモニター出力とプレビュー出力は、デジタルで加工されずに映像信号が出力されます。

 ◎PGM出力とは動作が異なるため表示映像も異なる場合があります。
※製品の仕様及びデザインは改良のため予告なく変更することがあります。

Support

ローランド製品の使用方法などに関するご質問は、Support Search or 製品別Q&Aをご活用ください。お客様から多く寄せられているご質問とご回答をご案内しております。サポート窓口にお問い合わせの前に是非ご覧ください。 また、お客様相談センターにてお電話、eメールでのお問合わせも承っております。お気軽にお問合せください。 上記に加え、取扱説明書のダウンロード、各製品のサポート情報をご覧いただけます。

取扱説明書