V-1HD システム・プログラム (Ver.1.05)


V-1HD RCS は最新版をお使いください
あらかじめ、お使いの V-1HD RCS が最新版であることをお確かめください。
  • V-1HD RCS for Windows
  • V-1HD RCS for OS X


バージョンの確認方法
~ダウンロードをする前に、V-1HD のシステム・プログラムのバージョンをチェックしてください。~
  1. お使いのコンピューターに合った V-1HD RCS for Windows もしくは V-1HD RCS for OS X をあらかじめダウンロードして、インストールをしてください。
  2. V-1HD RCS を起動します。
  3. V-1HD の電源を入れ、コンピューターに USB ケーブルで接続します。
  4. V-1HD RCS の [ V-1HD ] ボタンをクリックし、V-1HD とコンピューターを接続します。
  5. V-1HD RCS の [ System ] ボタンをクリックして、システム設定ダイアログを開きます。
  6. ダイアログ左下に表示されている SYSTEM VERSION を確認します。

※ 最新バージョンになっていた場合、アップデートの必要はありません。
※ [ (TAP)BPM ] ボタンを長押しすると、PREVIEW 端子に接続したモニターに SETUP メニューを表示します。SETUP メニューの VERSION 欄でもバージョンを確認することができます。


変更内容
[ Ver.1.05 ] 2016/11
不具合修正
  • TRANSFORM 機能を利用した直後に A/B フェーダーが効かないことがある不具合を修正しました。
  • 起動直後に出力される映像が、設定にかかわらずチャンネル 1 になる不具合を修正しました。
  • ルミナンス・キーでの KEY GAIN(ぼかし)の効果が正常に動作しない不具合を修正しました。
  • エフェクト・オンの状態で割り当てるエフェクトを変更した場合、オーディオ・フォローが反映されない不具合を修正しました。
  • フレーム・レートの値を変更した際、ボタンでの変更キャンセルができない不具合を修正しました。
  • フリーズ中に 1080i の入力端子を抜いた時、静止した映像が変化する不具合を修正しました。
  • 起動直後やフレーム・レート変更時、ごくまれに操作を受け付けなくなる不具合を修正しました。

[ Ver.1.04 ] 2016/07
不具合修正
  • [ FORMAT ] スイッチを「 1080i 」に設定して 1080i の映像を入力した際、出力映像の一番上のラインがちらつく場合がある不具合を修正しました。
  • テストトーンの L/R の位相が反転している不具合を修正しました。
  • MEMORY PANEL LOAD = ON に設定して起動した際、一部の操作子の値を反映しない不具合を修正しました。
  • A/B フェーダーを両端に移動しても、A/B バス・ボタンの点灯色や MULTIVIEW 画面の色枠(タリー)が切り替わらないことがある不具合を修正しました。

[ Ver.1.03 ]
不具合修正
  • フレーム・レートを変更すると、映像出力が停止する不具合を修正しました。
  • A, B バスに同じチャンネルを選択して B バスを PGM に選択した時、マルチビュー画面のタリー枠表示が緑色 ( PST ) になる不具合を修正しました。
    ※ A バス、B バスに同じチャンネルが選択されている時は、マルチビューのタリー枠は赤色 ( PGM ) になるように変更しました。
  • MEMORY 保存時、エフェクト表示と保存内容が異なることがある不具合を修正しました。
  • 「 MEMORY PANEL LOAD = ON 」に設定しても、V-1HD 起動時にパネルのボリューム値がロードされる不具合を修正しました。
機能改善
  • SONY 社製 HDR-CX7 と 1080i/p 接続を可能にしました。

[ Ver.1.02 ]
不具合修正
  • Mac と V-1HD を USB 接続した状態で V-1HD RCS を起動させないまま V-1HD を操作し続けると、V-1HD のパネルが操作できなくなることがある不具合を修正しました。
機能改善
  • TRANSFORMER を使った映像の切替中に、A/B フェーダーが効くように改善しました。


アップデートに必要なもの
V-1HD のシステム・プログラムをアップデートする為に、下記のものが必要になります。
  • V-1HD 本体
  • V-1HD RCS が動作する、以下 OS のコンピューター
    • Microsoft(R) Windows(R) 10
    • Microsoft(R) Windows(R) 8.1
    • Microsoft(R) Windows(R) 8
    • Microsoft(R) Windows(R) 7
    • macOS 10.12
      OS X 10.9 / OS X 10.10 / OS X 10.11
  • USB ケーブル
  • V-1HD RCS for Windows もしくは V-1HD RCS for OS X


アップデート作業における注意点
  • このシステム・プログラムを、V-1HD 以外の製品には使用しないでください。他の機器のデータやシステムが損なわれる可能性があります。
  • システム・プログラムの入手ができないお客様やダウンロードがうまくできなかった場合には、アップデート作業を承ります。お求めの販売店、または、ローランドお客様相談センター 修理担当窓口 までご相談ください。
  • このシステム・プログラムに関するアップデートの操作手順などのお問い合わせにはお答えできません。あらかじめご了承ください。ここに書かれている情報を元に、自己責任において作業をお願いいたします。


ダウンロードと圧縮ファイルの解凍
v1hd_sys_v105.zip を適当なフォルダにダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは Zip アーカイブのファイル形式になっていますので、ダウンロード後解凍してください。解凍が終了すると、「 v1hd_sys_v105 」フォルダが現われます。


アップデート手順
【ご注意】
  • 解凍してできたファイルのファイル名は変更しないでください。
  • アップデート中は V-1HD の電源を絶対に切らないでください。システム・プログラムや V-1HD 本体が破損する恐れがあります。
下記の手順に従って、解凍したシステム・プログラムを V-1HD へインストールしてください。

  1. V-1HD RCS を、Windows PC または Mac にインストールします。
  2. [ AUDIO ] ボタンを押しながら、V-1HD の電源を入れます。
  3. V-1HD RCS を起動します。
  4. V-1HD と Windows PC または Mac を USB ケーブルで接続します。
  5. V-1HD RCS の左下にある [ Pref ] ボタンをクリックします。
  6. ダイアログ内の [ Update ] ボタンをクリックして、アップデート・ダイアログを開きます。
  7. [ Bin File ] ボタンをクリックして、v1hd_sys_v105 フォルダ内にある V-1HD_ver1050.bin を選択します。
  8. [ Update ] ボタンをクリックします。
    ※アップデートには、Windows の場合は 4 分程度、OS X の場合は 6 分程度を要します。
  9. "Update Completed" と表示されたらアップデート完了です。
  10. V-1HD RCS を終了します。。
  11. V-1HD 本体の電源は自動で切れます。[ POWER ] ボタンで電源を入れ直してください。